鷲見三郎 ヴァイオリンのおけいこ

鷲見三郎 ヴァイオリンのおけいこ

 

鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ

娘が桐朋子供のための音楽教室(桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室)に入室するまでヴァイオリンの正しい上達法がわかりませんでした。

今のレッスンは上達の近道なのか?

 

正しい方法なのかわからなくなっていました。
娘のヴァイオリンの上達に伸び悩み、
それまでのレッスン内容や練習方法に疑問を感じていました。

 

そんなときに、知人にすすめられて買ったのが鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ

 

非常に丁寧にわかりやすく解説されています。

 

ヴァイオリンに限らす、楽器を習うものは、
今ついている先生の指導法が正しいのかどうかを
判断するのは非常に難しいと思います。

 

どんなレッスン方法が正しいのか、近道なのかという
情報も少ないので、習う側としては、上達に伸び悩むと
先生を変えたほうが良いのか、効率の良い練習方法は
どうすれば良いのか悩みます。

 

この本は、その悩みを解決してくれます。

 

ヴァイオリンを習う子の母たちのバイブルです。

 

先日、久しぶりに「ヴァイオリンのおけいこ」を開いてみました。

 

師事する先生が日ごろおっしゃることと同じことが
本に書いてありました。

 

信頼できる先生に師事しているというのは、恵まれていることでもあり、
安心でもあると実感しました。

 

現在娘は、信頼できる先生につくことができ、
今は、レッスンで指摘されたことを先生のおっしゃる方法で
ひたすらさらうという毎日です。

 

ヴァイオリンを習っていてなかなか信頼できる先生に
めぐり合うことが出来ない方のほうが多いと思います。

 

このような本があると、習う側の確かな知識が
得られます。

 

そのことが、ヴァイオリンを習う上で迷ったときの
判断材料になります。

 

先生探しや、自宅でのレッスン内容。
親の心構え。

 

でも、この本残念なことに絶版なのです。

 

中古のみ手に入れることが出来ます。

 

絶版のため高額です。

 

それだけ、手に入れたいという方が多いんですね。

 

高いレッスン料の先生に師事することを考えれば
この本の値段も高くないのかもしれないということでしょうか?

 

鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ

 

■目次

 

  技術編

 

 ヴァイオリンを始める子と親のために
 何歳ぐらいから始めたらよいか
 子供の適正、性格
 家庭の問題、親がヴァイオリンを弾けた方がよいか
 良い師とは
 子供用の楽器、顎あて、肩あて、アジャスターの問題
 分数楽器の代えどき
 調弦の方法
 始めて間もない子供の教育
 手ほどきの時期の教え方
 立つときの姿勢
 ヴァイオリンの持ち方
 弓の持ち方
 親指
 中指
 人差し指

 小指
 薬指
 最初は右手と左手を別々に練習する
 右手と左手、両方あわせて曲を弾く
 幼児に教えるボーイングの第一歩
 ダウンで先に行ったとき
 先に行ってアップに移るとき
 中弓から上に上がるとき
 元弓までアップで行って、そこからダウンに移るとき
 元弓から先弓に欠けて
 8の字奏法
 初歩段階で教える左手技術
 腕
 親指の位置
 手首
 1の指の押さえ方

 2の指の押さえ方
 3の指の押さえ方
 4の指の押さえ方
 1の指の付け根と指板との関係
 基本は厳密に学んでおこう
 音程の悪い子の教え方
 親の役割
 ほめることが大説
 いつごろまでレッスンについていくべきか
 音楽会に連れて行こう
 家庭音楽会を開こう
 レコードを聴かせよう
 テープを利用しよう
 ピアノや音感教育について
 合奏およびピアノあわせはいつごろか
 練習時間はどの位必要か

 遅く始める子に対する教え方
 教材について(曲とエチュード)
 初歩の教材と進め方
 指弓を教える時期
 第3ポジションに入る時期
 ヴィブラートを教える時期
 「新しいバイオリン教本」(全6巻)を終えた子に与える作品
 エチュードについて
 カイザーを与える時期
 指の形はシュラーディックで
 右手の練習はセブシック(Op.1の1の29番)で
 中間音符について
 音階の練習
 重音の移弦
 クロイツェルに入る時期
 クロイツェル以後のエチュード

 右手を中心とした技術
 ドルチェのボーイング
 エスプレッシーヴォのボーイング
 右手の人差し指が弓にからみつく子の直し方
 右手が弓の上方にずれてくる子の直し方
 弓の毛の寝かせ方
 fのとき
 pのとき
 ワン・ボウ・スタカート
 アルペジョの練習法
 スピッカートの練習法(ソティエとサルタート)
 E線のハイ・ポジションを、よく響かすには
 弦に弓の毛を当てる位置
 mfの場合
 pの場合
 fの場合

 3つの弦の重音を弾く練習法
 ピチカートのはじき方
 左手を中心とした技術
 ポジション移動における問題点
 親指先行か同時移動か
 肘の問題
 下がるときのコツ
 パガニーニはどんな練習をしたか
 トリルについて
 指の体操
 ヴィブラートについて
 ヴィブラートの種類
 練習への準備
 「腕からかけるヴィブラート」の練習法
 「手首からかけるヴィブラート」の練習法
 「指でかけるヴィブラート」の使用は?

 4の指のヴィブラートがかかりにくいときは
 重音のヴィブラート
 左手のピチカートについて
 重音のトリルについて
 演奏会を前にして
 コンクールへの準備と本番のときの心得
 まず基礎練習
 課題曲に集中
 標準的な解釈を見い出す
 楽器のこと
 大きなホールで弾いてみる
 最後の1週間
 前日と当日の注意
 本番にあたって
 リサイタルの時の留意点
 選曲について

 コンクールとリサイタルの相違は?
 予備の楽器
 共演ピアニストについて
 コンチェルトを弾くときの留意点
 楽器と弓の選び方と保守について
 弓の選び方
 松脂の塗り方
 弓の毛替え
 弓のしまい方
 ヴァイオリンの選び方
 弦の張り替えの時期
 ツボ合わせ
 保守について

 

 鷲見三郎先生を囲んで

 

  座談会(鷲見三郎先生を囲んで)(1)
  座談会(鷲見三郎先生を囲んで)(2)
  座談会(鷲見三郎先生を囲んで)(3)

 

 

 

鷲見三郎 ヴァイオリンのおけいこ関連ページ

ヴァイオリン演奏のコツ
図解、譜例などをもちいて、様々な視点からヴァイオリンを演奏する為のコツが解説されています。 自分の体の内側で起こっていることを理解させてくれるので、ヴァイオリン演奏の技術をより深く理解できます。ヴァイオリン演奏のコツ ハーバート・ホーン著なかなかヴァイオリンが上達しないのは、練習に無駄があるからだと気づかされます。
小さな手のための
ヴァイオリンレッスン
幼い子供のヴァイオリンのレッスンの手引書。分数ヴァイオリンのなかでもサイズの小さい1/16,1/10,1/8,1/4からそれぞれ弾きはじめる生徒を対象に、学習の過程を例にあげながら分析し効果的な指導方法を提案しています。小さな手のためのヴァイオリン・レッスン幼い子供の手引書として良く書かれています。
「天才」の育て方
天才バイオリニスト五嶋みどりと五嶋龍の母 五嶋節さんが書いた本です。タイトルには「天才」とありますが、ご本人は我が子たちのことを「天才」だとは思っていないと書いています。五嶋みどりさんが「過食症」になったこと、五嶋龍さんの反抗期だった時の事などを綴る言葉は、子育てに悩む普通の母の心情とそれに立ち向かう強さを感じさせます。五嶋節さんの子育て論は、ヴァイオリンを学ぶ子の母の参考書となる本です。
音楽家になるためには
音楽家になるためにはどうすれば良いのか悩んだら是非読んでみてください。 また音楽家という職業がどんなものなのか、 彼らは日々何を考え暮らしているのかを知ることで 音楽とともに生きる生活の素敵さを知ることが出来ます。

おすすめヴァイオリンショップ


ポジティブ


◆ポジティブ◆


楽器・付属品・ギフト等
何でも揃うお店。
親切なスピード対応のお店。

我が家では、弦を買うときは
ポジティブを利用しています。
弦が30〜50%OFFで購入できます。お買い得です。
松脂、肩当、チューナーなどの
小物もお買い得価格で購入できます。


◆sponsored Links◆




◆ヴァイオリンの教本◆


ヴァイオリンを学ぶものが必ず使うテキストが音階とエチュードとセヴィシックです。

初心者のための音階テキスト

フリマリー



初心者のためのエチュード
カイザー


初心者のためのセヴィシック
SEVCIK Op.1 Part1
(セヴィシック)



これ一冊でもっと分かる
弦楽器のしくみとメンテナンス

これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス



 
Top 先生の探し方子供編 先生の探し方大人編 バイオリン上達法 おすすめの本 発表会ドレス サイトマップ