ヴァイオリン上達の秘訣は指導者にある

ヴァイオリンの上達の秘訣は指導者にある

 

ヴァイオリンは、独学で学ぶには非常に難しい楽器です。
一度変な癖がついてしまうと、直すのがとても難しいので
あるレベルまで上達してもその癖のため
それ以上のレベルを超えて上達することがとても難しくなります。

 

ヴァイオリンを上手に弾きたいのであれば、
独学はおすすめしません。

 

同時に指導者選びもできれば慎重に行いたいです。

 

趣味であれば、ある程度先生としての実績のある方なら
安心です。
発表会などをご覧になって、生徒さんの演奏レベルから
判断しても良いでしょう。

 

また、今習っている先生に不安や疑問を感じたら、
先生への義理もあるでしょうが、
悩まず、すぐに自分に、またお子さんにあった先生を
選びましょう。

 

先生選びについてはこちらでも詳しく紹介しています。

 

参考にしてみてください。

 

ヴァイオリンの先生の選び方◆子供編◆
ヴァイオリンの先生の選び方◆大人編◆

 

 

 

ヴァイオリン上達の秘訣は指導者にある関連ページ

ヴァイオリン毎日の練習が上達の鍵
毎日ヴァイオリンを練習すると必ず上達します。どんなに疲れていても、やらなければならないことがあっても毎日ヴァイオリンを練習すれば必ず上達していきます。その練習方法について紹介します。
練習量◆子供編◆
ヴァイオリンの練習時間は、量プラス質が関係してくるからです。正しい練習方法で集中して練習すれば、少ない練習時間でもコンクールである程度行くレベルになります。
練習量◆大人編◆
ヴァイオリンが上達するための大人のヴァイオリンの練習時間、練習量について紹介しています。上達のための練習方法やコツがあります。それを知らなければ、1日に何時間練習しても上達することはありません。大人のヴァイオリン練習量について紹介します。
無駄のない練習方法
ヴァイオリンが上達するためには、無駄のない練習をして練習の質を上げることです。無駄のない練習方法について紹介します。
音階練習でヴァイオリンが上達
ヴァイオリンがなかなか上達しない原因のひとつに音程の悪さがあります。娘のヴァイオリンの先生は、留学時代に音階の練習は2時間では少ないといわれたそうです。音階に時間を割いて練習する習慣がつけば、曲を弾いたときにスムーズに音程が取れて楽に弾けるようになります。
がむしゃらにやっても上達しない
たくさん練習をしているのにヴァイオリンが上達しない。上手くならない。日常生活において、ストイックに物事に取り組めば上達していくという考え方があります。しかし、ヴァイオリンはストイックに取り組んでもがむしゃらに練習しても上達はしません。ヴァイオリンには、上達するコツがあります。それを無視した練習では限界があります。
ヴァイオリンが上達しない!スランプ克服法
たくさん練習をしているのにヴァイオリンが上達しない時期があります。壁にぶつかった時、スランプに陥った時期には基礎に戻って練習してみます。
ヴァイオリン ポジション移動のコツ
『ポジション移動』にはコツはありません。ポジション移動ができないのは、『ポジション移動がスムーズに行くための練習のコツ』がわからないために『ポジション移動』ができなかったのです。ヴァイオリンのポジション移動ができる練習のコツを紹介します。

おすすめヴァイオリンショップ


ポジティブ


◆ポジティブ◆


楽器・付属品・ギフト等
何でも揃うお店。
親切なスピード対応のお店。

我が家では、弦を買うときは
ポジティブを利用しています。
弦が30〜50%OFFで購入できます。お買い得です。
松脂、肩当、チューナーなどの
小物もお買い得価格で購入できます。


◆sponsored Links◆




◆ヴァイオリンの教本◆


ヴァイオリンを学ぶものが必ず使うテキストが音階とエチュードとセヴィシックです。

初心者のための音階テキスト

フリマリー



初心者のためのエチュード
カイザー


初心者のためのセヴィシック
SEVCIK Op.1 Part1
(セヴィシック)



これ一冊でもっと分かる
弦楽器のしくみとメンテナンス

これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス



 
Top 先生の探し方子供編 先生の探し方大人編 バイオリン上達法 おすすめの本 発表会ドレス サイトマップ