バイオリンの選び方◆大人編◆

大人から始めるヴァイオリンの予算

 

大人からヴァイオリンを始める場合に、悩むのがヴァイオリンの予算です。
そして、最初はどのクラスのヴァイオリンを買えばいいのか?

 

大人になってこれからヴァイオリンを始めたいという方は、
続けられるか分からないという不安があると思います。

 

ですので、最初は、10〜20万円の
ヴァイオリン本体に、弓、肩当て、松脂、
クリーニングクロス、バイオリンケースが
セットになったヴァイオリンセットをおすすめします。

 

量産のスズキ、ピグマリウスなどを楽器屋さんで
一度試し弾きしてはいかがでしょう。

 

続けられるかどうかわからないからといって、
数万円程度のヴァイオリンや、
各メーカーの一番したのクラスのヴァイオリンは
おすすめできません。

 

ヴァイオリンは、毎回調弦といって、各弦を正しい音に
あわせる作業をします。

 

安いヴァイオリンは、何度調弦しても正しい音程に
ならない楽器もあります。

 

ヴァイオリンは、正しい音程で調弦がされていて始めて
美しい演奏が出来ます。

 

音程の合っていない演奏ほど聞き苦しいものはありません。

 

ですので、最低でも10万は予算として考えてください。

 

楽器屋さんで大体の予算を提示すると、
何本か弾かせてくれます。
弾きやすい楽器、好きな音色が楽器によって違うのが
わかります。
気に入った楽器を選ぶと良いでしょう。
全く楽器について知識がないのであれば、
スズキ、ピグマリウス、ヤマハなど国産の有名メーカーが安心です。

 

3年ほど続けて、ある程度上達するともっと良い楽器が欲しくなります。

 

買い替えは、一生の買い物になると思いますので、
それまでに、ヴァイオリンについての知識も勉強しておきましょう。

 

 

ヴァイオリンの見方
選び方基礎編

ヴァイオリンの見方
選び方応用編

 

 

 

 

 

オールドヴァイオリン購入の注意点

 

外国製の古い楽器をみなオールドと呼ぶのは大きな間違いです。

 

手工品の楽器で、製作者がすでに亡くなってしまっているものを
年代によって、モダン、オールドなどと呼んでいます。

 

外国製の古い楽器でも寸法が狂っているの
質の悪いものがあります。
これは古いだけで価値のあるオールドではありません。

 

素人は、見ただけではなかなか価値のあるオールドなのか
ただの中古ヴァイオリンなのかなかなか見抜けません。

 

オールドを手に入れたい方は、
信頼できる楽器屋さん、又は支持されている先生の
紹介で購入してください。

 

 

 

量産楽器の下取

 

フルサイズの量産ヴァイオリンは通常下取りはしてくれません。

 

手工品のヴァイオリンは、人が使い込み長い年月が経つほどに
良い音を出すと言われているところから価値が生まれます。

 

工業製品であるプレス加工した量産品は、古くなることで
楽器自体が良くなることがあまりありません。

 

このような理由で、一般的に量産品のヴァイオリンは
下取りされないのです。

 

しかし、例外的に、同じ楽器店で新たにランクの高い
ヴァイオリンを購入することを条件に引き取ってくれる場合もあります。

 

初めてヴァイオリンを買う場合に、
買い替えの際に下取りを考えている場合は、
楽器屋さんに、量産楽器の下取りをしてくれるか
買い換えたい良い楽器を揃えている楽器屋さんか
良くリサーチすることをおすすめします。

 

 

ヴァイオリンに掘り出し物はない

 

ヴァイオリンの値段は一体どうやって決められているのだろう
と思うくらい、見た目は変わらないのにヴァイオリンの値段に
これほど幅のあるのは素人には理解しがたいものです。

 

 

ヴァイオリンは、知名度の高い製作者の楽器
状態が良い、完成度の高い修理がされている楽器
材料や製作のされ方で値段が決まります。

 

ですので、基本的にヴァイオリンに

 

掘り出し物はないと思っています。

 

これは、掘り出し物ですとすすめられた場合は
楽器屋さんを疑ってみてください。

 

オールドなどで、コレクターや楽器商が
現金を必要にして、安く手放す場合があります。

 

掘り出し物があるとすれば、
価値のあるオールドクラスです。

 

安価なヴァイオリンは、傷ものや不良品である
可能性があります。

 

ヴァイオリンに掘り出し物はないと思って
限りある予算を大切にヴァイオリンを選びましょう。

 

 

 

バイオリンの選び方◆大人編◆関連ページ

選び方◆子供編◆
子供用の分数バイオリン(ヴァイオリン)の選び方について説明しています。
バイオリンをレンタルする
バイオリン(ヴァイオリン)フルサイズ、分数楽器がレンタルできるところを紹介しています。

おすすめヴァイオリンショップ


ポジティブ


◆ポジティブ◆


楽器・付属品・ギフト等
何でも揃うお店。
親切なスピード対応のお店。

我が家では、弦を買うときは
ポジティブを利用しています。
弦が30〜50%OFFで購入できます。お買い得です。
松脂、肩当、チューナーなどの
小物もお買い得価格で購入できます。


◆sponsored Links◆




◆ヴァイオリンの教本◆


ヴァイオリンを学ぶものが必ず使うテキストが音階とエチュードとセヴィシックです。

初心者のための音階テキスト

フリマリー



初心者のためのエチュード
カイザー


初心者のためのセヴィシック
SEVCIK Op.1 Part1
(セヴィシック)



これ一冊でもっと分かる
弦楽器のしくみとメンテナンス

これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス



 
Top 先生の探し方子供編 先生の探し方大人編 バイオリン上達法 おすすめの本 発表会ドレス サイトマップ